賃貸物件における賠償責任とは

| 未分類 |

火災保険は本当に必要なのでしょうか、疑問に思われている方もおられるものです。出火しないように気をつけていれば大丈夫と思っているのです。自分の家から出火しなくても、隣家の家から出火して火災になることもあります。

 
この場合火災による補償金は、隣家からもらえるのでしょうか、それが問題なのです。日本には木造の建物が多いので、火災が発生すればその被害は大きくなります。失火者に全責任を負わせることは、過酷過ぎる場合もあります。

 
そこで失火者に重大な過失がない限り、民法により失火責任法が定められています。つまり被害を被った隣近所に対して賠償責任を負わなくても良いということなのです。

本08
となると、自分の家からの出火だけ注意すればよい、という考え方だと火災保険に入っていなければどうしようもないことになります。

 
賃貸の場合はどうなるのか、住宅の火災保険について考えてみると、つまり賃借人が火災を起こした場合などです。この場合軽過失でも、家主に対して民法の債務不履行となります。そのため家主に対しては失火責任法の適用は受けられず、借家人賠償責任補償が必要になり、支払う義務が生じます。これは火災保険の借家人賠償責任特約などで補うことが出来ます。