水災の必要性について

| 未分類 |

火災保険の特約の一つ、水災の保証に関して説明します。水災とは端的に行って、水害全般を指します。これには大きく分けて三つの災害が含まれます。

アイランド01
まず、大雨による土砂崩れがあります。山の近くや、川のそばでは特に、これに該当する災害が多く発生する傾向にあります。

 
次に、高潮です。台風と大潮が重なったり、強風にあおられたりして海水が家に入ってくるといった場合も、これに該当します。

 
そして三番目に、洪水も保証対象に含まれます。ゲリラ豪雨や、融雪などを原因とする洪水です。最近では大雨の日に、地下の下水道からあふれた水による浸水の被害に遭うケースも増えましたが、これももちろん対象です。

 
自宅がこれらの被害を受ける可能性があるかどうか調べるには、各地の自治体が用意しているハザードマップを見ることができます。これには、大抵の場合、水災の危険が四段階に分けて掲載されており、各地の自治体のホームページからダウンロードすることができます。

 
また、マンションの高層階に住んでいる場合などは、この水災は直接的な問題とはならない場合がほとんどです。

 
一方、この水災には、自分の過失で起きてしまったことは含まれません。例えば、お風呂や、水道の水があふれて、家や家具が濡れてしまったといった場合です。