支払条件の確認のススメ

| 未分類 |

火災保険にはさまざまな補償がありますが、その中に水災補償というものがあります。水災というのは台風や暴風雨などによって起こる災害のことを言います。

 

023410
例えば洪水は、河川が氾濫したりマンホールから水が溢れ出してくる現象のことを指しています。土砂が急に崩れ落ちてくるという土砂崩れは、集中豪雨後に起こりやすくなります。また、台風などによる気圧の低下によって海水面が著しく高くなることを高潮と呼び、これも水災に入ります。

 
これらの現象というのは、地震が原因で引き起こされることもあります。しかしその場合は水災とは呼ばず、火災保険では対象外となりますので注意が必要となります。

 
なお、火災保険における水災の支払い条件について、あらかじめしっかりと確認しておくことが求められます。と言うのも、水災の被害に遭ったからと言って必ず保険金が払われるというわけではないからです。条件というのはそれぞれの火災保険会社によって異なりますので、加入する前にきちんと確認しておくと安心です。

 
ちなみに多くの会社では、建物や家財が時価額30%以上の損害があった場合や、床上浸水あるいは地盤面から45cmを超える浸水による損害があった場合が対象と規定しています。万が一の場合に備えて補償内容は確認しておくべきであると言えます。