保険料節約の方法

| 未分類 |

火災保険には様々な特約がついています。自分にはそれほど必要ではないかも知れないという特約がついていることもしばしばです。反対に、ここは外してはもったいないという特約もあります。その見極めが非常に大切です。

 
火災保険の主な補償はもちろん、火災にあった時ですが、それ以外にも台風や竜巻、水災があります。海辺や水辺に家がある方はもちろん、マンションに住んでいる方にとっても水災は身近なものです。

アイランド03
自分の家が水浸しになってしまい下の階に被害が及んだ場合、また逆に被害にあった場合に火災保険を利用することができます。しかし、この被害程度についても保険によって様々な違いがあるので、きちんと詳細を理解してあげる必要があるのです。

 
水災に限らずですが、免責金額を決めておくことで、保険金額を節約することができます。それ以外にも、一定の割合で縮小して支払われる場合や、保険金額の一定の割合以上か一定の金額以上の損害金額がでた場合に支払われることを選択できる場合もあります。

 
火災も水災も思わぬところからやってくるものです。リスクを考えて備えをしておくのは重要です。節約の方法は様々ありますので、きちんと検討して、余計な保険料を支払わないようにすることが大切なのです。