雹災とその補償内容について

| 未分類 |

賃貸に入居する場合、借家人賠償責任保険に加入することが望ましいです。入居者の過失により火事を起こしてしまうと、賠償責任を負うことになります。
失火責任法の定めでは、重大な過失がなければ入居者に賠償責任はありません。ところが賃貸物件は、原状回復義務を定めている場合がほとんどのため、民法の定めによる責務不履行責任が発生し、失火責任法は適用されません。賃貸物件の中には、火災保険に加入することが契約の条件となっているものもあります。

本09
また、火災によって家財に損害を受けた時に補償される、家財保険も検討する必要があります。これらの火災保険は不動産会社が指定している場合もありますが、保険金額を高めに設定していることも多いです。加入が条件として指定されていなければ、入居者自身が保険会社と契約することができます。

 
火災保険はまた、火事だけではなく落雷や洪水、風・雹・雪など自然災害にも補償されます。東北地方や北関東の内陸部では特に雹災は多く、主に屋根の瓦や窓ガラスが割れるといった被害があります。こうした損害においても、被害額相当の保険金が支払われ、特約も付けている場合なら、臨時費用が損害保険金にプラスされている事例があります。

 
火災保険は、補償内容をよく知り、自分自身で選ぶことも大切です。