風災とその補償内容について

| 未分類 |

近年日本も多くの災害に見舞われています。多くの人たちは、自分の住宅や、財産のことを心配しています。

006241
そのようなときに安心なのは、火災保険です。これはかなり広い範囲までカバーしてくれる保険で、オプションで風災の被害を保証してくれるものもあります。
これには、台風や竜巻などによる、家屋の損壊に対する、保険が含まれます。

 
注意したいのは、これはあくまで、住宅そのものへの保証だということです。それで、一般的には災害に対応するため、多くの家庭は家財保険にも入っています。

 
家財保険に入ることによって、台風や突風に対しても、しっかり保証されます。最近では、保証対象をより具体化している保険もあります。それでも基本的には家の家財、つまり動産を守るという保険です。

 
ある場合には、保険会社の規定上、被害額20万円以上の場合のみ、保証されるとなっている保険もあります。

 
自宅が賃貸の場合には、火災保険に入って、自宅を保護する責任はありません。これはアパートやマンションの大家の責任です。でも、個人的に家財保険に入ることはできます。家財保険があれば、万が一の災害で、家具などの大切な家財が壊れてしまっても、保証できるからです。

 
これらの家財保険を、団地保険といった呼び方で呼んでいる会社もあります。